カテゴリー「新東宝」の記事

2010年8月20日 (金)

男の世界だ

1960年10月22日に劇場公開された、『男の世界だ』を観ました。

006

続きを読む "男の世界だ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

黄線地帯

1960年4月29日に劇場公開された、『黄線地帯』を観ました。

001

続きを読む "黄線地帯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

女岩窟王

大蔵貢体制下で制作された作品は・・・なんてことを前に書きましたが、今回観た新東宝作品『女岩窟王』もそんな感じなんでしょうかね。

小野田嘉幹が監督・脚本(内田弘三と共同)を担当し、1960年10月1日に劇場公開された今作は、当時の新東宝グラマー路線を支えていた三原葉子を主演に据え、ソノ妹役の万里昌代と共に、姉妹を抹殺しようとした麻薬組織に対する復讐劇が描かれているようです。

001

続きを読む "女岩窟王"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

女体桟橋

今回は、新東宝時代の石井輝男監督作品です。

1958年4月12日に劇場公開された『女体桟橋』という作品なんですが・・・。

大蔵貢体制下の新東宝作品には、必ず脚本など制作過程に大蔵チェックが入るせいで、監督は違えど似たようなカラーになっちゃう作品が多く、なおかつ強烈なタイトルが付けられるも中身は・・・といった傾向があ るような気がします。
(あくまでもコレまで観た作品に限ってかもしれませんが)

今作も、タイトルのインパクトに本編が負けちゃうんすかね。

001_3

続きを読む "女体桟橋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

女体渦巻島

(前回から続きます)

もうひとつ、新東宝時代の石井輝男監督作品を。
1960年2月に劇場公開された、『女体渦巻島』という作品なんですが…。

001_2

続きを読む "女体渦巻島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

女王蜂と大学の竜

いつの間にか、石井輝男作品の特集になってるな(苦笑)。

ということで、今回は輝男監督が新東宝の末期にメガホンを撮った『女王蜂と大学の竜』です。
(1960年9月に劇場公開。)

001

続きを読む "女王蜂と大学の竜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)