« 黄線地帯 | トップページ | 三池監獄 兇悪犯 »

2010年8月13日 (金)

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

1969年10月19日に劇場公開された、『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』を観ました。

(同時上映は、『(秘)劇画 浮世絵千一夜』)

001_2

石井輝男監督の命日に合わせて、恐らく数ある監督の作品の中でも圧倒的一番人気であろう本作を再見し、旧ブログでもチラッと記事を書いているものの、せっかくなので改めて記事にしてみようかと思った次第であります。

002_2

オープニングのキャスト・スタッフ紹介が一通り終わると、いきなり登場するのが片山由美子様ですよ。

手にはナイフを持っており、

003_2

ソノ矛先は吉田輝雄に向っています。

舞台は精神病院。

広介(劇中での吉田輝雄の役名)は、訳も分からず精神病院に監禁されていました。

何故か命を狙われたりもするので、こりゃあイカンと何とか脱走すると、

007_3

耳に馴染んだ歌を口ずさむサーカス団の少女である初代(由美てる子)と出会い、自らの記憶を取り戻す手掛かりとするも、

008_2

翌日に会った際に目の前で何者かに殺害されてしまいました。

殺人事件の犯人としての疑いをかけられてしまった広介は、

009_2

あらゆる謎を解くべく変装をして北陸へ向う。

前に座っていた客が読んでいた新聞を見ると、自分とソックリな菰田源三郎(コチラも演ずるは吉田輝雄が)の死亡記事を発見する。

010_2

ソノ街に行ってみると、どうやら足元にある傷も源三郎とソックリらしいので、ココはひとつ源三郎に成りすましてみようと画策し、

011_2

寺の坊主(由利徹と大泉滉という最高にゴキゲンなコンビ)に発見されることにしました。

012_2

源三郎に成りすました広介は、妻の千代子(小畑通子)や、

014_2

遠縁の静子(賀川雪絵)、

013_2

そして執事の蛭川(小池朝雄)らにも自らの存在を信じ込ませました。

015_2

ソコの屋敷には、新たに使用人として新吉(大木実)が雇われたが・・・。

016_2

源三郎の父である丈五郎(土方巽)は、自らの理想を果たすために妻のとき(葵三津子)と共に孤島に篭っている。

そんな中で、千代子が何者かに殺されてしまい、あらゆる謎を解明する為に

018_2

広介と静子と蛭川、

017

そして何故か使用人の新吉までが一緒に孤島へ向いました。
(新吉は船を運転しているってことでしょうかね)

004_2

島に着くと、ソコからは完全に土方ワールドに突入です!

005_2

海辺を走り回ったり、

006_2

危険な岩場(実際、相当に危険な場所だったらしいが、そんなんでもノリノリだったらしい)での舞はまだ序章でしかなく、丈五郎の描く理想郷は実にトンでもないものでした。

019_2

丈五郎の計画や自らの正体を知った広介は、人工的にシャム双生児とされてしまった初代ソックリな秀子(由美てる子が二役を演ずる)と猛(近藤正臣!)に手術を施して、正常な肉体にしました。

いつの日か愛し合うようになった広介と秀子ですが、二人には出生の秘密が・・・。

020

全ての謎を解く為に、皆で岩場の洞窟へ向った一行。

021

ソコには、母であるときが変わり果てた姿で生きていた!

022

・・・と、ある程度モヤッとした部分を残しながら(ある程度推理の核心部分は隠しておかなきゃね)も、ココまで駆け足でオハナシを辿ってみました。

前半は吉田輝雄と輝男作品の常連達の世界で、孤島に渡ると完全に土方ワールドに突入し、

023

クライマックスでは小池朝雄がコレでもかと大活躍!

ノリノリで女装はするわ、

024

乱歩らしく人間椅子に扮するわと、コレでもかと大ハッスルですよ。

ちなみに、土方巽の一挙手一投足にも常に熱い視線を向けていたのだとか。

025

そして問題のエンディングですが、はじめて観た時は思わず笑っちゃったものの、改めて観ると決して笑わせる(笑っちゃう)感じじゃあない気がするなぁ。

いや、確かにチープで輝男監督らしい表現というのは間違いないけど、純愛を貫いたが故の悲劇の結末を描いたものだよね、コレは。

多分に(というか、ほぼ間違いなく)土方ワールド中心にカルトな感じで語られちゃっていると思うんだけど、クライマックスにまとめようとドタバタ詰め込んでいること以外は割と良く出来ているんじゃないかと思う。

あと、コノ時期の輝男監督の東映京都作品なのに、T田K二作品の常連で、尚且つW山先生とも懇意なはずの大木実というキャスティングが出来たのは何でだろうか?



|

« 黄線地帯 | トップページ | 三池監獄 兇悪犯 »

吉田輝雄出演作品」カテゴリの記事

小池朝雄出演作品」カテゴリの記事

東映 60's」カテゴリの記事

片山由美子出演作品」カテゴリの記事

石井輝男監督作品60's」カテゴリの記事

賀川雪絵出演作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202290/49136536

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間:

« 黄線地帯 | トップページ | 三池監獄 兇悪犯 »