« シネマ△トライアングル presents 石井輝男監督 没後五年&『石井輝男映画魂』公開記念上映会 | トップページ | 女子学園 ヤバい卒業 »

2010年8月23日 (月)

無頼平野

1995年5月29日に劇場公開された、『無頼平野』を観ました。

001_2

コノ間の土曜日に開催された、新橋TCC試写室のイベントで上映された一本です。

『暴力戦士』を最後に、銀幕の世界から遠ざかっていた石井輝男監督でした(途中、テレビやVシネは撮っているようです)が、かねてから構想のあったつげ義春作品で銀幕に復帰し、ソノ次に制作されたのが『無頼平野』ということでした。

コチラはつげ忠男の原作が元になっており、タイトルの『無頼平野』だけでなく他の作品もミックスされているという、いかにも“らしい“感じ。
(脚本は輝男監督本人が執筆)

正直、輝男監督絡みでないと一生観ることはなかった類の作品だと思ってましたが、いざ観てみると過去の作品のテイスト(といっても、異常性愛路線ではない時期の東映作品や、新東宝時代の作品)が満載だし、キャストにしても新旧作品に関わった人が多数出演していて、かなり楽しめますよ。

011

『殺し屋人別帳』以来の映画出演(輝男作品から遠ざかっただけでなく、映画界からも遠くなっていた)となった吉田輝雄を筆頭に、

002

ヒロインには『暴力戦士』の岡田奈々、

007

『ゲンセンカン夫人』の佐野史郎、

010

『網走番外地』や『徳川女系図』などの南原宏治、

005

多くの輝男作品に出演している由利徹と砂塚秀夫(コンビ出演もありましたね)、

009

コチラも『ゲンセンカン夫人』に出ている水木薫
(明日夢クンのお母さんがあんなことに!でも実は80年代から結構キワドイ作品に出てるんだよね)、

006

ソレ以外にはミッチョンの旦那である金山一彦、

003

そして主演に坂本一生じゃないほうの元祖加勢大周。

見所は人によって色々でしょうが、ワタシの場合やはり吉田輝雄と南原宏治の時空を越えた夢対決と、砂塚秀夫と由利徹の爆笑掛け合いでしたね。

004

(ついでに、内藤誠監督と脚本家の桂千穂もコッソリ出演)

013

吉田輝雄の演技からは全くブランクを感じず(チョコチョコとテレビドラマには出ていたようですが) 、

012

対する南原宏治はコレでもかとイヤ~な雰囲気を醸し出す職人芸。

本当に岡田奈々が危険だと感じてしまいましたよ。

008

あとは、ヒロインの岡田奈々でしょうか。

アイドル時代からも含めて、今作ではじめてグッときてしまった(苦笑)。

輝男監督自身も相当お気に入りなんだろうなーというのが、スクリーン越しからでもビシバシ伝わってきますね。

|

« シネマ△トライアングル presents 石井輝男監督 没後五年&『石井輝男映画魂』公開記念上映会 | トップページ | 女子学園 ヤバい卒業 »

吉田輝雄出演作品」カテゴリの記事

石井輝男監督作品 平成期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202290/49232951

この記事へのトラックバック一覧です: 無頼平野:

« シネマ△トライアングル presents 石井輝男監督 没後五年&『石井輝男映画魂』公開記念上映会 | トップページ | 女子学園 ヤバい卒業 »