« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

君は恋人

1967年11月3日に劇場公開された、『君は恋人』を観ました。

(同時上映は、『赤木圭一郎は生きている 激流に生きる男』)

005

続きを読む "君は恋人"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

新ハレンチ学園

1971年1月3日に劇場公開された、『新ハレンチ学園』を観ました。

(同時上映は、『野良猫ロック 暴走集団’71』)

001_2

 

続きを読む "新ハレンチ学園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

動脈列島

1975年9月6日に劇場公開された、『動脈列島』を観ました。

003

続きを読む "動脈列島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

用心棒稼業

1961年4月23日に劇場公開された、『用心棒稼業』を観ました。

(同時上映は、小沢昭一の『大当り百発百中』)

001

続きを読む "用心棒稼業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

恋のつむじ風

今回観た作品は、1969年3月12日に劇場公開された『恋のつむじ風』です。

(同時上映は、ピンキーとキラーズの『涙の季節』)

001

続きを読む "恋のつむじ風"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

大森林に向って立つ

1961年9月23日に劇場公開された、『大森林に向って立つ』を観ました。

001

続きを読む "大森林に向って立つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

燃える雲

1967年5月3日に劇場公開された、『燃える雲』を観ました。
(同時上映は、裕ちゃんと浅丘ルリ子の『嵐来たり去る』)

003_2

続きを読む "燃える雲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

地底の歌

東映作品が続いたので、ココいらでちょっと趣向を変えましょうか。

というわけでチョイスした作品は、1956年12月12日に劇場公開された『地底の歌』です。

001


続きを読む "地底の歌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

ギャング忠臣蔵

1963年10月20日に劇場公開された、『ギャング忠臣蔵』を観ました。

(同時上映は、鶴田浩二と佐久間良子の『次郎長三国志』)

001

続きを読む "ギャング忠臣蔵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

ごろつき

1968年10月12日に劇場公開された『ごろつき』を観ました。

(同時上映は、宮園純子主演の『妖艶毒婦伝般若のお百』)

001

続きを読む "ごろつき"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

解散式

1967年4月1日に劇場公開された、深作欣二監督作品『解散式』を観ました。

(同時上映は、千葉ちゃんの『続 浪曲子守唄』)
001_4

続きを読む "解散式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

柳ケ瀬ブルース

引き続き、今月の東映チャンネルにて放送された『柳ケ瀬ブルース』を観ました。

(1967年9月15日劇場公開。同時上映は、健さんの『日本侠客伝 斬り込み』)

001_3

続きを読む "柳ケ瀬ブルース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

悪の親衛隊

今月の東映チャンネルにて放送された、渡瀬恒彦の初期主演作品『悪の親衛隊』という作品を観ました。

(1971年11月10日劇場公開。同時上映は、若山先生主演『前科者』の再映)
001

続きを読む "悪の親衛隊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

現代任侠史

しばらく日活作品ばかり続いたので、そろそろ他社作品も観なきゃということで。

ソコでチョイスしたのが、1973年10月27日に劇場公開された、石井輝男監督の東映作品『現代任侠史 』です。

何故か今作もDVD化されていない(ビデオはあるみたい)おかげで、コレまで観たくてもなかなか観れなかったんですよね。
(同時上映は、池玲子と杉本美樹がメインで共演した最後の作品『前科おんな殺し節』という奇跡的 カップリング)

001

続きを読む "現代任侠史"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

やくざの横顔

チャンネルnecoの日活ニューアクション特集で『反逆のメロディー』と『広域暴力 流血の縄張』と一緒に放送されたのが、渡哲也主演の『やくざの横顔』でした。

渡のアニキとニューアクションで面白くないはずがないので、コレは楽しみだぞ・・・というわけで、早速観てみましたよ。
(1970年1月24日劇場公開。同時上映は、北島三郎と里見浩太郎の『盛り場仁義』)

004_3

続きを読む "やくざの横顔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

広域暴力 流血の縄張

今月のチャンネルnecoにて、日活ニューアクション特集が組まれております。

放送作品のうち、既に『反逆のメロディー』については取り上げ済みなので、今回は1969年7月26日に劇場公開された『広域暴力 流血の縄張』について触れましょう。

監督は『野良猫ロック』シリーズや、前回アップした『あしたのジョー』の長谷部安春。

主演はお馴染み小林旭。
(同時上映は、安藤昇の『やくざ非情史 刑務所兄貴』)

002_2

続きを読む "広域暴力 流血の縄張"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

あしたのジョー

来年に、『宇宙戦艦ヤマト』や『あしたのジョー』のような作品が、実写版映画として劇場公開されるそうですね。

果たして、万人が納得でデキになるのか、ソレとも永久にトンデモ作品として語り継がれちゃうようになるのか・・・。

どうも現時点では後者の可能性のほうが高そうですが、まあ個人的には大した関心事項というわけでもないので別にどっちでもイイですよ(苦笑)。

ご存知の方も多いでしょうけど、『あしたのジョー』に関しては過去にも実写版映画が公開されております。

コレまたトンデモ作品として長く語り継がれちゃっており、現在に至るわけですが・・・。

今月の日本映画専門チャンネルにて、コミック原作の実写版映画の特集が組まれており、ラインナップに『あしたのジョー』も含まれていました。

実はずっと前にBSで放送された際に観たことがあるのですが、当時は未だワタシ自身にプログラムピクチャーへの免疫がなくて、結局はトンデモ作品としてしか感じることが出来なかったんですよね。

最近になって、長谷部安春監督が実写版のメガホンを撮っていたのを知り、俄然興味が沸いていたこともあり、改めて今回鑑賞してみようと思った次第であります。
(1970年7月22日劇場公開。同時上映は、『反逆のメロディー』!)

001

続きを読む "あしたのジョー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

涙くんさよなら

引き続き、今回も青春歌謡映画を取り上げましょうか。

1966年7月29日に劇場公開された『涙くんさよなら』も、先に公開された『青春ア・ゴーゴー』と似たような布陣で制作されております。
(同時上映は、吉永小百合と浜田光夫の『私、違っているかしら』。)

001_3

続きを読む "涙くんさよなら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

青春ア・ゴーゴー

GS映画以前にも多く青春歌謡映画というものが制作されておりますが、実はソノ手の作品にもスパイダースが客演しているんですよね。

ということで、今回観た作品は、1966年3月27日に劇場公開された『青春ア・ゴーゴー』です。
(同時上映は、舟木一夫と和泉雅子の『哀愁の夜』)

003_2

続きを読む "青春ア・ゴーゴー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

ザ・スパイダースの大進撃

引き続き、日活制作のスパイダース主演映画『ザ・スパイダースの大進撃』を観ました。

脚本は前作に続いて倉本聰と、新人の伊奈光のコンビで、監督は中原康。
(1968年1月3日劇場公開。同時上映は、吉永小百合と和泉雅子と十朱幸代と山本陽子が共演した『花の恋人たち』)

002

続きを読む "ザ・スパイダースの大進撃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

ザ・スパイダースのゴーゴー向こう見ず作戦

濃さ特盛の輝男作品や新東宝作品が続いたので、ココイらでチョット軽めの作品でお口直しをしましょうか(苦笑)。

ということで観た作品は、GS映画の『ザ・スパイダースのゴーゴー向こう見ず作戦』ですよ。

うーん、コレならば何も考えずにサクッと観れるね。
(1967年8月26日劇場公開。同時上映は、和泉雅子の『花と果実』)

005_2

続きを読む "ザ・スパイダースのゴーゴー向こう見ず作戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

女岩窟王

大蔵貢体制下で制作された作品は・・・なんてことを前に書きましたが、今回観た新東宝作品『女岩窟王』もそんな感じなんでしょうかね。

小野田嘉幹が監督・脚本(内田弘三と共同)を担当し、1960年10月1日に劇場公開された今作は、当時の新東宝グラマー路線を支えていた三原葉子を主演に据え、ソノ妹役の万里昌代と共に、姉妹を抹殺しようとした麻薬組織に対する復讐劇が描かれているようです。

001

続きを読む "女岩窟王"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

女体桟橋

今回は、新東宝時代の石井輝男監督作品です。

1958年4月12日に劇場公開された『女体桟橋』という作品なんですが・・・。

大蔵貢体制下の新東宝作品には、必ず脚本など制作過程に大蔵チェックが入るせいで、監督は違えど似たようなカラーになっちゃう作品が多く、なおかつ強烈なタイトルが付けられるも中身は・・・といった傾向があ るような気がします。
(あくまでもコレまで観た作品に限ってかもしれませんが)

今作も、タイトルのインパクトに本編が負けちゃうんすかね。

001_3

続きを読む "女体桟橋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

黄色い風土

8月に一部劇場で公開予定の『石井輝男映画魂』に連動した企画で、7月末からシネマヴェーラ渋谷にて『石井輝男復活祭』なる特集上映が開催されるのだとか。

上映される30作品は投票で決まったとのことですが、ラインナップを見ると新東宝時代の作品から東映ー松竹ー日活作品から晩年の作品まで幅広くセレクトされているものの、『いれずみ突撃隊』とかがある割にギャングシリーズや網走番外地や地獄拳シリーズが全くなかったり、『元禄女系図』とか未DVD化の異常性愛路線のタイトルよりは、定番化している(と思われる)ものがズラリと並んでいたり(『温泉あんま芸者 』もあるのには驚いた)で、企画を知った時点で既に投票が締め切られていたのを今さらながら悔やむばかりですよ。
(まあ、ワタシ一人だけの投票でどうなるものでもないでしょうが)

ちなみにワタシだったら、渡瀬恒彦の主演の人別帳シリーズ(風の噂によると、原版が東映にもないそうだが)とか、梅宮の辰つぁんと吉田輝雄の決着シリーズのように、なかなか観れる機会の少ないタイトルを投票したかなー。

残り2タイトルは後日発表のようですが、果たして何なのか・・・。

ワタシも松竹作品や、『キンキンのルンペン大将』は是非とも観てみたいですね。

あとは、東映チャンネルはじめ各CSチャンネルでも、連動企画をしてくれればイイんですが。
(どうやら衛星劇場では晩年の作品を7月に放送してくれるみたい)

・・・。
前置きが随分と長くなりました。

今月の東映チャンネルにて、サスペンス特集の一環として『黄色い風土』という松本清張原作・石井輝男監督作品が放送されました。

HPの記述によると、東映チャンネル初・TV初放送・未ソフト化作品ということなので、リアルタイムで鑑賞したか名画座での上映でも観ていない限りは、なかなか鑑賞する機会のなかった作品のようです。
(ちなみに、先の特集上映のラインナップには入っていました)

コレは輝男好きなら観なきゃイカンだろうということで、録画したのを早速観てみました。 (1961年9月23日劇場公開のニュー東映配給作品。同時上映は、千葉ちゃんの『次郎長社長 よさこい道中』)

001

続きを読む "黄色い風土"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

異常性愛記録 ハレンチ

ココまで数々の石井輝男監督作品を鑑賞してましたが、まだまだ未見な作品も多数あるものの、恐らく今作以上に強烈な作品に出会うことはないだろうと思えました。

もちろん、徳川系諸作や奇形人間、忘八や総括リンチにしても強烈な作品だというのは間違いありませんが、どこか突き抜けた(ある種の)爽快感もありましたよね・・・。

『異常性愛記録 ハレンチ』の強烈さは、他とは明らかに違いますよ。
(1969年2月21日劇場公開。同時上映は、若山先生の『前科者 縄張り荒らし』)

001_3

続きを読む "異常性愛記録 ハレンチ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

徳川女刑罰史

またまた石井輝男監督作品です。

今回観た作品は、『徳川女系図』から展開された異常性愛路線の最初のピークとなった『徳川女刑罰史』。

『徳川女系図』と『温泉あんま芸者』では、画面の中からまだまだ人の心を垣間見ることができましたが、果して今作はどうなんでしょうか・・・。
(1968年9月28日劇場公開。同時上映は、『不良番長』ですよ!)

001_2

続きを読む "徳川女刑罰史"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

顔役

今夏、『石井輝男映画魂』なる作品が上映されるようです。

輝男監督に縁がある俳優さんや、様々な形で監督の影響を受けた人達の証言が中心のようですが・・・。

公式ブログなんてのもあり、ソコでは予告編とか(恐らく)証言した俳優さんの近影など、輝男ファンなら気になるような情報が色々掲載されていましたよ。

人によって輝男監督のイメージも色々でしょう。

ちなみにワタシが最初に観た輝男作品は『恐怖奇形人間』だったりするので、後に『網走番外地』などのような異常性愛路線以前の作品を観てからは、ソレまでの印象も随分と変わりましたが。

今回観た『顔役』は1965年1月3日に劇場公開され、当時の東映オールスターキャストがズラリと揃った作品です。
(同時上映は、中村錦之助と有馬稲子の『徳川家康』)

001

続きを読む "顔役"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

新宿の与太者

菅原文太を主演に据えた作品は実に多いので、今から全部を制覇するのは大変かも?

ということで、今回観た作品は人斬り与太の流れを汲んだ『新宿の与太者』です。
(1970年12月17日劇場公開。同時上映は、『日本侠客伝 昇り竜』)

002_3

続きを読む "新宿の与太者"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

極道VSまむし

東映お得意のVSシリーズで、人気作の『極道』シリーズと『まむしの兄弟』シリーズのコラボも実現していたんですね。

以前に観た『極道VS不良番長』は半ばインチキ(実は辰つぁんの体調が勝れなかったからだったそうだが)だったので、コノ『極道VSまむし』にも大した期待はしていなかったのですが…。

(1974年8月31日劇場公開。同時上映は、『女必殺拳』)

001_2

続きを読む "極道VSまむし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

愉快な極道

コレは若山富三郎の極道シリーズの流れにしちゃってもイイのだろうか・・・。

まあ、ソレはともかくとして。

今回観た作品は、1976年2月14日に劇場公開された『愉快な極道』です。
(同時上映は、『くの一忍法 観音開き』と『玉割り人ゆき 西の廓夕月廊』)

001

続きを読む "愉快な極道"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »