« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月18日 (木)

反逆のメロディー

(またまた前回から続きます)

野良猫ロックを観たついでにチョイスした作品は、1970年7月に劇場公開された『反逆のメロディー』です。

大手レンタルショップなんかだと野良猫ロックのシリーズと一緒に梶芽衣子関連作として陳列されて いることが多いので、同じような感じなのかと思っていたら、どうやら違うようで…。

00

続きを読む "反逆のメロディー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

野良猫ロック 暴走集団'71

(またまた前回から続きます)
野良猫ロックシリーズ最後の作品となった第5弾『野良猫ロック 暴走集団'71』は、2作目を監督した藤田敏八が再びメガホンを撮り制作されました。

DVDのパッケージでは革ジャンを着た主要キャストがワイルドにキメてますが、果たして本編ではどうなんすかね…。

00

続きを読む "野良猫ロック 暴走集団'71"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

野良猫ロック マシンアニマル

(またまた前回から続きます)

シリーズ化された野良猫ロックですが、シリーズを観る前は梶芽衣子が全編でバリバリ活躍しているのかと思っていたら、実際にはそうでもなく・・・。

いや、確かにどの作品でも目立った役柄ではあるのですけど、さそりや修羅雪と同じ体で観ると違うかと。

だからと言って野良猫がツマらんというわけでは全く無くて、却って藤竜也のイヤらしさ爆発の演技や、地井武男が未だ散歩していなかった頃のギラつきぶりや、岡崎二朗のカッコよさや、至る所でゴキゲンな范文雀や、珍しく主演級で活躍している安岡力也の奮闘ぶりや、挿入される貴重な音楽シーンにクラクラさせられるなど、作品そのものを楽しめるようになっていました。

ソノおかげで今では完全に日活ニューアクションの虜となっており、すっかり野良猫漬けとなっています。

今回観たシリーズ第4作『野良猫ロック マシンアニマル』は、1970年11月に劇場公開されました。

前作に引き続き監督は長谷部安春が担当し、助監督にはアノ田中登の名前があります。

00

 

続きを読む "野良猫ロック マシンアニマル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »