« 山城新伍とその時代 | トップページ | 池玲子 / 女番長ブルース 牝蜂の挑戦 (CD)  »

2009年12月 1日 (火)

池玲子 / 恍惚の世界 (紙ジャケ)

数年前に紙ジャケがリリースされたものの、瞬く間に市場から姿を消してしまい、今ではプレ値で取引されている池玲子の『恍惚の世界』を今更ながら入手出来ました。

正直、発売当時は全く興味も関心もなかったのだけど、数多くの主演作を観ていくうちにアノ時に買わなかったことを強く後悔するようになるなんて・・・。

池玲子 / 恍惚の世界 (紙ジャケ)

01.女はそれを我慢できない
02. 横浜たそがれ
03. めまい
04. 雨がやんだら
05. 夜明けのスキャット
06. さすらいのギター
07. 私と言う女
08. 雨の日のブルース
09. 恋の奴隷
10. 経験
11. 天使になれない
12. 愛のきずな

まあ、内容に関してはキワモノと言われても仕方がないようなものだというのは事前に知っていましたが、アルバムを通して聴いたらアタマがクラクラしますよ。
主演作の劇中歌とかはまともに聴かせるものもあるのに、コレで本当にポスト南沙織を目指していたんすかね(苦笑)。

もうひとつ、何で映画以外の媒体(例えば今回のジャケや、当時の雑誌のグラビアとか)での池玲子のメイクは異様にケバいんでしょうか・・・。

|

« 山城新伍とその時代 | トップページ | 池玲子 / 女番長ブルース 牝蜂の挑戦 (CD)  »

音楽関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池玲子 / 恍惚の世界 (紙ジャケ):

« 山城新伍とその時代 | トップページ | 池玲子 / 女番長ブルース 牝蜂の挑戦 (CD)  »